アダルトグッズでより上質なオナニーを提案する男のためのエデン(楽園)です

一生勉強《前編》


人生は常に勉強だと、ある人が言う

たしかにボクもそう思うところがある。

知らないことは沢山あるし、見たこと聞いたことが無いことも山ほどある。

行ったことない所の方が多いし、ボク自身の経験値なんて大したこと無いだろう。

それらに直面したとき、素直に勉強だと受け止められるか?
聞くことに恥じらいを持たないか?新しい一歩を踏み出せるか?

人の成長は、変わってくるのかもしれない。。。


これは、ボクが二十歳そこそこ、今よりも更に未熟だった頃のお話…


ある日の休日、買い物に出かけたボクは何ともイカガワシイ名刺を貰ったのだ。

そこは、古着屋さんが多く店を構える街、道行く人もおしゃれに見えてしまう

ひとしきり目当ての物も買い、帰路に着こうと駅に向かっていた

駅の改札からほどない距離にその人物は立っていた

ティッシュ配りの人なら良く見るが、名刺を配っている人が、その頃のボクにはとても珍しかった

『お兄さん、是非』

向こうもやたらコッチを見てくる若造が気になったのか、すぐさま目を付けられた

【時給5000円 高収入アルバイト】

なんてことはない。求人の名刺だった。しかし、あまりにも時給が高い。どういうことかと尋ねた

『お兄さんなら間違いなく大丈夫ですょ』

さっぱり意味が分からなかったが、さして興味も無くなったので、そそくさと改札に向かった。


その頃のボクは(覚えてくれている方もいるだろうか)居酒屋でアルバイトをしていた

大型のチェーン店ではなかったが、所詮飲食店、時給もたかが知れている

一人暮らしの若者にお金がいらないといったらウソになる。。。


名刺を貰ってから、数日経ったある日の午後、ボクは名刺に記載の電話番号に電話していた

『では、○月○日面接に来て下さい。○○駅に着いたらまたご連絡下さい』

なんとも普通。仕事内容は面接の時に説明してくれるらしい。
そんなに近い駅では無かったが、ヒマはあるし

(もしかしたら、楽して稼げるかもしれないww)

なんていう淡い考えが、それ以上の深読みをさせなかった


面接当日、言われたとおり○○駅に着いたボクは、名刺の番号に電話を掛けた。

『では、○○を目印に真っ直ぐ・・・』

なんていう対応を聞きながら、着いた場所は、普通のマンションだった。。。

無知というものは、いやはや恐ろしい。。。

なんの疑念も持たず、当時のボクは言われたとおりの部屋番号を押していた。。。





つづく





>>「第23話 本当の初めての風俗w」

記事一覧