無意識2


Mの家での夢精は、衝撃的だったのだが『夢』の『精』で夢精である。
悲しいかな・・・初体験の夢精の夢をボクは全く覚えてなかった。。。
しかし、思い出そうとしても中々思い出せないのが、夢である。
(あぁ〜〜なんだったんだろう。。。)
だいぶ大人になった今でも思う。
そんな憂鬱な日々の終わりは突然やってきた!!
Mは、大学生になり一人暮らしの自由な毎日を送っていたが・・・
ボクは進学など出来るわけもなく、実家暮らしの日々だった。
まだまだ寒さを感じる日には、テレビを見ながらコタツで寝堕ち。。。
そんなことは日常茶飯事!Σ( ̄□ ̄;)


そんなある日のコトである!!!!!


またもや・・・コタツで・・・


ボクは・・・


イッていたのだ!Σ( ̄□ ̄;)



今度はバッチリ内容も覚えている!!!其処が大事!!!!!
その内容というのは・・・・・・
『金髪外人のグラマラスすぎる女性が目の前で性器を見せまくりで踊っている』
そんな夢だった。。。


なんとも歯がゆい、今度は憂鬱とは違う。
自分に対しての疑心暗鬼な日々が始まってしまった。。。



つづく


 

>>「第11話 無意識」

>>「第13話 KODAWARI」

記事一覧