ある日の思ひ出


ボクには、過去に沢山の過ちがある。
それは、何も性に限ったコトだけでは無い。。。
しかし、この場で謝罪や反省を述べたところで何が変わるわけでもないだろう。
こと性に関しての過ちと言えば、、、これまた山ほど思い出されるのだが…
今日はボクが昔体験した性に纏わる(まつ)過ちを少しだけ、紐解いてみたい。
その日は、年も明けてまだ何日も経ってない日だった。
正月ムード漂う中、ボクは気の合う仲間達10人位で遊んでいた。
遊ぶといっても、しっかり皆成人している。
行く場所なんて、飲み屋に相場は決まっている。
2軒程、居酒屋をはしごした後、大きく場所を変えて飲み直すコトになった。
時間は、とうに夜更けだったはずだ。
というのも、ボクは酔うと記憶が曖昧になる。
断片的に覚えてるコトや記憶の無い出来事があったりするのだ。
それまで飲んでいた、正月ムード漂う街並みから一辺。
ある友人の地元の中華料理屋にたどり着いた。
するとある友人が
『何人か女の子呼んだから!』
それまで、、、こともあろうか男のみで飲んでいたのだ。
男どもは酔いつつも少し色目気だった。
ボクからすれば、なんで、今の今まで呼ばなかったのだ!
そんなツテがあったのなら、早めに呼んで欲しかった。
現にボクを含め数人は、随分お酒が回っていた。
ここから女子が来ても、正直テンションがあげられるのだろうか??

>>「第13話 KODAWARI」

>>「第15話 成人」

記事一覧