アダルトグッズでより上質なオナニーを提案する男のためのエデン(楽園)です

魔法に勝てる科学!最新アダルトグッズ事情2018

2018年11月のエンターテインメント業界は、
世紀末をテーマにした作品や魔法世界をテーマにした作品など大豊作!
「科学に肩入れして科学の徒を増やす!という使命感に駆られたSF派の筆者は、
魔法に対抗できる最新技術を
ふんだんに駆使したグッズ事情をリサーチしました。
本記事を読み終わった頃には、科学の力に魅入られていること間違いなし。 ぜひとも科学の力をご堪能あれ!

近代テクノロジーの結晶?セックスロボット

201x年、時は現代、人はセックスロボットに包まれた……
ということで、テクノロジーの一番バッターは、
近代テクノロジーの結晶”セックスロボット!!

『セックスロボットって何?』と思う人が多くいると思いますが、簡単に言うと…
SF映画の定番、AI搭載型のパートナーロボットです。

若干濃い顔なので、好みによっては脳内フィルターで補う必要がありますが、
筆者的にはオールオッケー!
最先端テクノロジーの集合体と言うこともあり

価格は安くても$10.000(日本円で約100万円)以上。
なかには$60.000超えする子もいます。

体重は(約40?弱)と細見ですが、それでも収納や移動に大変労力を使います。
デートをする場合は、車椅子に乗せてあげなければ若干辛いです。

そんな彼女(彼)たちについてですが、研究者達は大変興味深い見解を行っています。
それは、性犯罪の再発防止や異常愛者による犯罪行為の抑止に有効という説。

異性とのふれあいが減少し、少子化に拍車がかかるという懸念点も挙がっていますが、

「お客が求めているのは身体だけでなく疑似恋愛なので、
一時的に仕事は減ると思うが、我々の仕事がなくなることはない」。

と、商売敵にあたる売春業界の方々は、、AIと人間の共存は不可能ではないと見解を持っています。
SF映画に出ている人間と見間違う様なセックスロボットは
2045年〜2050年頃に完成予定とのこと。
その日が来た暁には、人は新たな歴史の一ページを刻むことでしょう。

これが技術国ニッポンの本気だ!世界に誇れるラブドール

二番はいぶし銀な技術が光るラブドール。
流石、萌えの国JAPAN「私が求めていたのはこの可愛さです」
こんな可愛い娘が家に居たら…

シリコーンやエラストマーなどで作られた美しいボディ、
着せ替えや写真撮影とさまざまな紳士の遊びに対応できる仕様は匠の仕事。

しっかりとした質感が生み出すリアリティ。
エラストマーが実現した衝撃や摩擦への強さと実用性。
かわいい、リアリティ・実用性。

三拍子そろったその万能性は、まさに仕事人といえますね。
ちなみにお値段は10万弱〜70万弱とかなりの幅があります。
なお、ラブドールはメーカーが里帰りで回収してくれたり、
中古の専門業者が買取してくれたりと
引退後も手厚いサポート体制があり安心です。

オナニーの文明開化?遂に人体を超えた電動オナホール!

チームテクノロージーの3番は、偉大なるベテラン”オナホール”の登場です。
電動という技術を身に着けたオナホールは、まさに王者。

オートマチックに人間には出来ない動きや刺激を与えるテクニック。
いつでも準備は万端と自由な持ち運びを実現したコンパクトなフォーム。
インテリアとしても高い評価を受けるセンス溢れるデザイン。
5千円〜4万円弱と比較的安価で購入しやすい価格帯。
使用時は両手をフリーにしたりVRと連動可能と、圧倒的なパフォーマンス。

日々研鑽を重ねたオナホールは、もはや人間を超越した存在。
キング・オブ・アダルトグッズといえるでしょう。
なお、もっとも頼りになるオナホールをお探しの方にオススメしたいのは回転型!
人間では出来ない刺激をペニスに与えて強烈な射精感が得られると、その筋の愛好家から凄まじい評判を得ています。

経済を救う救世主

今回の記事もこれで最後。
トリをかざる4番、主砲……
それはあなた自身です。
日本の技術力の低下や不景気を憂う声も多いでしょう。
しかしそのような世間の声にもうつむかず、立ち上がり続けるあなたは、技術の発展、経済を救う救世主。
科学技術の粋をつくしたグッズ達の力を駆使して、未来に向かって進みましょう。
当サイトでは今回紹介した製品を取り扱っておりませんが、電動オナホールはラインナップに追加予定です。