男子の快楽は性交のみにあらず



私たちが日々利用している「オナニーホール」ですが、開発者の苦労はあまり知られていません。「オナニーホール」は、男子にとっての「秘め事」に使用する器具であり、表立って語られる事は稀です。

したがって、その開発に日夜努力を重ねている開発者も、「日陰の存在」「影の功労者」であり、彼らの努力に日の光が当たる事は少ないのです。
今や日本の「オナニーホール」は、その品質の高さでは世界でも類を見ない水準に達しており、まさに「日本品質」と呼べるものになっています。

そこには開発者たちの血の滲むような努力の積み重ねがありました。
 

第一章・出会い


その壱 イカずのマサ master of Masturbation

その弐 居枷精之介 Pioneer of masturbation hall

その参 喫茶・黒薔薇New World of Masturbation

その四 黒薔薇の奇跡 Black rose miracle

その伍 開かれた扉 A new world that appeared in black roses

 

第二章・開発

 

その壱 自慰道 Spirit of masturbation

その弐 蒟蒻屋半次郎 Konnyaku artisan Hanjiro

その参 センズリ蒟蒻 Prototype of masturbation tool